• ホーム
  • 池袋でおすすめの賃貸タワーマンションって何?

池袋でおすすめの賃貸タワーマンションって何?

マンションの受付スタッフ

池袋といえば、東京都豊島区に属する新宿・渋谷とならぶ副都心の一つです。
池袋は巨大なターミナル駅もようしており一日あたりの乗降者数は270万人を肥えるほどです。
池袋駅を中心に巨大商業施設やファッションなどの人気の専門店・グルメも足しげくかよう人気の高い飲食店も数多く、営業を展開しています。
駅の北口には日本有数の歓楽街が広がっている反面、西口には東京芸実劇場も所在し少し駅から離れても寄席や小劇場を目にすることが出来るので、現在では芸術の町の横顔ももっています。

現在の池袋は、巨大ターミナル駅をようし利便性が高く、グルメにショッピング・観劇などの芸術など数多くの側面をもっている魅力あふれる街です。
利便性」、「23区」、「賃貸」などのすべての条件を充たす街と評価しても間違いないでしょう。

そこで池袋で利便性が高くおすすめの賃貸タイプのタワーマンションを御紹介します。
おすすめの賃貸型のタワーマンションは、「池袋ヂュープレックスタワー」になります。
地域初の本格的サービスつきの賃貸型のタワーマンションで、東京芸術劇場やホテルメトロポリタンに隣接する抜群の立地条件になっています。
26階高層マンションから目にすることの出来る都心の風景のパノラマは、夜景はもちろん日中でも息を呑むほどの感動を与えてくれます。
駅近2分の抜群の交通アクセスの良さで都心はもちろん郊外への外出にも高い利便性を発揮します。
周辺の案内や不在時の宅配物あずかりなど、住人の生活をサポートするコンシェルジュが常駐するほかに、週一回無料のリネン交換やハウスクリーニングに別途水道光熱費を支払い必要がないので、あたかもホテルですんでいるかのよう。
寝具市域や基本的な家電製品や食器類などの日常生活用品一式などは、すべて用意されているので入居前に面倒な引越し作業に忙殺されることもありません。

副都心池袋の中心に位置しているので、商業施設も芸術施設も病院や金融機関など、日常生活シーンで必要になるサービスはすべて徒歩圏内で賄えることが出来ます。
憧れのタワーマンションと都心の洗練された快適なアーバンライフを堪能するのに、これほどおすすめの賃貸マンションを見つけるのはなかなか簡単なことではないはずです。

専有面積は29.10-71.30平方メートルになっており、9つのタイプのなかから選択することが出来ます。
月当たりの賃料は部屋の広さやタイプに応じて248000円から713000円になっています。

関連記事