• ホーム
  • パークハウスのコンセプトと特徴を調べてみた

パークハウスのコンセプトと特徴を調べてみた

パークハウスシリーズはデベロッパー大手の三菱地所レジデンスが手がける、マンションシリーズになります。
大手デベロッパーとし都市開発などの巨大プロジェクトにも参画することで、土地の選定からマンションの設計・土地の開発や建築物の施工まで、一貫して手がけてきた実績を揚げてきた三菱地所レジデンスが提供するマンションシリーズのなかでも最高峰ブランドに位置づけられています。

数あるマンションシリーズのなかでもパークハウスは長い歴史をもっており、高度経済成長期の1971年意建築された「三田網町パークマンション」は日本における高層マンションの嚆矢と考えられているほどです。
建築年数が経過しても、その人気にかげりがみえることはなくパークマンションシリーズは最高峰ブランドの最高級のビンテージマンションとしていまだに多くのひとの憧憬の的になっており希少性は高まるばかりです。

パークハウスの基本コンセプトは「暮らす人にとっても、その街にとっても幸せな資産になること」にあります。
時代を超えて常に新たな価値観とステータスを付与することで、新たな価値創造に取り組む姿勢を一貫することで最高峰ブランドであることに積極的なのがパークハウスの魅力の源泉といえます。
パークハウスはどのマンションも都心の一等地に立地しているので、そこで生活の本拠を持つことが一つのステータスになっているほどです。
基本コンセプトの「幸せな資産に」なることを可能にする、マンションごとに異なる取り組みを実践しているのもパークハウスの特徴の一つです。
ときには土や漆など従来のマンションの設計においては採用することは及びがつかないような素材も間に取り入れることで、従来のマンションでは実現できなかった、落ち着きをわすれないすぐれたデザイン性の実現に成功しています。

中心的な価格帯は5000万円弱から6000万円ほどに分布しています。
マンションの最高峰ブランドにふさわしい外観やエントランス・それぞれの専有部分にいたるまで一切の妥協が無く、ハイクオリティーな設備が充実しているのです。
建築年数が経過したパークハウスであっても、大規模修繕を繰り返しながら、ビンテージマンションとしての価値を揺るがすことなく、味わい深いたたずまいで人々を魅了し続けます。
パークハウスには三菱地所レジデンスがものづくりの現場で培ってきた確かな技術が活かされています。
中心的な価格帯が相応なのも納得できるところです。

関連記事