• ホーム
  • パークタワーグランスカイのコンセプトと特徴を調べてみた

パークタワーグランスカイのコンセプトと特徴を調べてみた

高級なマンション

パークタワーグランスカイは、東京都品川区東五反田に立地するタワーマンションです。
全戸数は739戸を数えるほどの規模で、周辺の都市再開発を担っているデベロッパーの三井不動産が、建築施工した地域のランドマークにも位置づけられているタワーマンションになります。
パークタワーグランスカイは、交通アクセスが良好な駅近の条件になっており、JR山手線の大崎駅から徒歩6分、五反田駅からも徒歩6分と通勤通学に利便性の高い立地が特徴です。

周辺は「東五反田地区」の一角をしめており、「大崎・五反田エリア」で薦められている都市再開発事業施工区域内に位置しています。
この都市再開発事業のコンセプトは、「住みたい街・働きたい街・行きたい街」の実現にあり大型商業施設の整備なども進められているのです。

目の前には目黒川と歴史を感じさせる運河がはしっていますが、その敬虔を楽しむことが出来るように、パークタワーグランスカイの前には親水広場も整備されています。

パークタワーグランスカイは分譲・賃貸の併用マンションになっており、それぞれのライフスタイルにあった利用を選択することが可能です。
交通アクセスが優れているだけでなく、普段の買い物など快適な日常生活を送る上では周囲の商業施設の状況なども気になるところ。
この点の不安も解消されており、駅前には東急ストアなどのスーパーのほかにコンビになども営業しているので買い物シーンで遠出するような不都合の心配は不要です。

再開発事業の一翼を担っても鋳るわけですが、「すみたい街」というコンセプトに見事に適合するほどの共用施設の充実ぶりには驚嘆するものがあります。
朝6時から利用できるフィットネスジムや、24時間利用可能の和風サロンなど、ホテルレベルの共用施設が揃っているわけです。

さらに住人の皆さんの安全を確保するべき免震構造採用するなどの防災面でも高いレベルになっています。
住人の安全や安心のためには防災面と並んで防犯性能も気になるところです。
パークタワーグランスカイでは、防犯カメラや二重のオートロックなどのセキュリティー面でも充実しています。

さらに有人の24時間管理体制で機会と人の目で住人の安心と安全を御約束できます。
ソフトでもハードでも安心を実感できる仕様になっているのが、大手デベロッパーの三井不動産ならではと言えるのです。
気になる価格帯ですが、分譲で5000万円から2億6000万円、賃貸で月28万円ほどになっています。
価格帯をみてもタワーマンションお風格を感じることが出来ます。

関連記事